新着情報

【販売促進活動】県産野菜でマーボーおいしく/JA熊本経済連

2016.08.22
スーパーでの試食販売
スーパーでの試食販売

 熊本県青果物消費拡大協議会(事務局=JA熊本経済連)は、味の素と地元テレビ局のテレビ熊本とタイアップし、熊本県産野菜と同社の中華合わせ調味料を使った「なすとトマトの麻婆(まーぼー)炒め」の販売促進活動を行った。
 5年ほど前から、熊本県産野菜を使った料理でPR活動を毎年行っている。今年は、夏野菜の出荷が本格化する8月に合わせて企画。具材に、生産量全国1位の「トマト」と同2位の「ナス」を使った。同局がテレビ番組でCMを放映するとともに、総合スーパー「サンリブ・マルショクグループ」の熊本県内店舗が協力し、店内での試食販売やPOP(店内広告)で消費者にPRした。
 スーパーで試食した買い物客は「トマトを入れるのは意外だったが、味がまろやかになって、とてもおいしい」と、笑顔で話した。試食販売員は「試食で気に入ってもらえて、ナスがよく売れる。簡単にできるのでぜひ、作ってもらいたい」と話した。
 「なすとトマトの麻婆炒め」のレシピは、同社ホームページ「AJINOMOTO PARK」で公開している。