熊本の農業

6次化進めよう/JA熊本中央会

2015.03.25

6次産業化事業の今後の取り組みポイントについて学ぶ参加者
6次産業化事業の今後の取り組みポイントについて学ぶ参加者

 熊本6次産業化サポートセンター(JA熊本中央会)は、熊本市で熊本県6次産業化推進会議並びに人材育成研修会を開いた。総合化事業計画認定事業者や6次産業化を検討している農林漁業者、行政・関係機関の6次化窓口担当者ら110人が参加。6次産業化を効果的に推進していくための取り組みのポイントなどを学んだ。

 6次産業化の推進をする上で活用できる「6次産業化ネットワーク活動交付金」をはじめとする国の事業方策と補助事業などについて説明があった。

 コーソー経営研究所長の後久博氏が「6次産業化による『稼げる農業』へのチャレンジ!成功の秘訣(ひけつ)はプロデュース力」と題し講演した。

 生産から加工・販売まで多岐にわたる6次産業化の推進には、事業者に企画・推進・実践するプロデュース力が求められ、事業者への支援事業やサポート活動が重要となってくる。