新着情報

【自己改革】人つなぐ、JA 私たちの自己改革奮闘記(76)~JAくま

2019.03.26
4月から運行をスタートする移動金融店舗車「べあーず号」

 JAくまは4月1日から「移動金融店舗車」と「移動購買店舗車」の運行を始める。組合員や地域住民への暮らしのサポートや総合サービスが目的で、高齢化の進む中山間地域を中心に巡回する。また、災害発生時には被災地支援として現地派遣にも活躍する。

 移動金融店舗車は「べあーず号」と名付けられ、JAバンクの信用端末を搭載し、JA貯金の入出金や通帳記帳、公共料金、税金の収納ができる。平日(祝祭日を除く)に3、4カ所を巡回する。また、車体にはマスコットキャラクターの「けん太くん」や中山間地隊「ゴー飯ジャー」がイラストされ親しみやすい外観となっている。
 
 移動購買店舗車はAコープで取り扱う肉、魚、野菜などの生鮮食品をはじめとする食料品、日用品など約300品を販売する。

 JAの福田勝徳組合長は「移動店舗車稼働により移動弱者の支援、安否・見守り確認をし、地域で安心して暮らせるお手伝いをしたい。JAの総合事業を通じ生活のインフラ機能を発揮させ、JAに課せられた使命を一つ一つ実行したい」と話した。