熊本の農畜産物

【ミカン】糖酸絶妙 一括選果/JAやつしろ

2017.09.22
選果機にかけられる「肥のあかり」

 熊本県のJAやつしろ宮原果実選果場(氷川町)で、20日から極早生ミカン「肥のあかり」の選果・出荷が始まった。生産者6戸が持ち込んだ約2.9トンが選果された。選果場で働く坂本浩さんは「猛暑と適度な降雨により、高糖度で酸切れが良い、バランスの取れた味に仕上がっている」と話す。
 9月末まで、日量5トンを関東の市場へ出荷する予定で、10月上旬のピーク時には、日量10トン以上となる見込み。
 今年度から、JA八代果実選果場(八代市豊原下町)でしていた選果を、宮原果実選果場へ移し、一括選果で品質をそろえ、有利販売を目指す。
 「肥のあかり」を皮切りに、「日南」「豊福」を10月中旬まで、その後「肥のあけぼの」などを12月上旬まで選果し、合計約200トンの出荷を予定している。