熊本の農畜産物

【モモ】仕上がり太鼓判/JA鹿本

2017.05.25
収穫する松本さん

 JA鹿本では、ハウス桃の出荷が始まった。熊本市北区植木町轟で、ハウス桃50アールを栽培するJAモモ部会の松本信博さん(42)は18日、102キロを収穫。「今年は甘くおいしく仕上がった。収量も多く、出来は良好。ぜひ食べてほしい」と笑顔で話す。
 JAモモ部会は、8人がハウス220アール、露地80アールで栽培。ハウス桃は5月下旬~6月上旬にピークを迎え、6月下旬まで続く。露地桃は6月中旬から始まり、8月中旬まで続く。
 今年度の総出荷量見込みは、約16・5トン(前年比114%)で、中京・中国・九州の市場に向けて出荷する。