新着情報

【ピーマン】植え付けピーク/JA阿蘇

2017.05.18
定植作業をする山辺さん

 JA阿蘇南部営農センター管内では、17年産ピーマンの定植が最盛期を迎えた。20日ごろまで定植が行われる。今年は育苗時期の天候に恵まれ、例年に負けない出来となった。同地区では、過去に晩霜被害に遭ったことがあり、定植時期を5月10日前後に統一。出荷ピークの数量も確保する。
 定植に励む山辺達也さん(56)は「消費者に、安全で安心できるピーマンを届けたい」と、一株一株丁寧に作業した。
 同地区のピーマン出荷形態は、ばら詰めが中心だが、単価底上げを目的に、昨年から袋詰め出荷に取り組んでいる。出荷は6月中旬からを見込む。