身近なJA組織

【フレッシュミズ】ママは風呂敷の達人/JAくま女性部

2017.04.20

親子で風呂敷の使い方を学ぶ参加者

 JAくま女性部フレッシュミズは人吉市で全体研修会を開き、日本独特の伝統文化の一つ「風呂敷」の使い方を学んだ。
 フレッシュミズ親子やJA職員ら31人が参加。講師に「きもの学院礼法教室」の江本尚美さんを招き、使い方の手順や作法を学んだ。参加者は二つ結びやひっかけ結び、瓶包み、すいか包みを教わりながら体験した。同副会長の平野加絵さんは「今まで使ったことがなかったので、勉強になった。今後はわが家でも使いたい」と話した。